hotarunga の光

ブログやるならJUGEM
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 羽生結弦、66年ぶり2連覇 | main |

全日空、ガラケー用サイトを廃止

0

     全日本空輸は従来型の携帯電話、いわゆる「ガラケー」用のウェブサイトを6月一杯で廃止するそうです。

     携帯電話はスマートフォンへの移行が進み、ガラケーのユーザーは年々減少しています。総務省の調査結果では、2017年時点で携帯電話におけるガラケーのシェアは約35%。3割以上ではありますが、その殆どが50歳以上で、50代では約45%で60代では約67%を占めます。しかし、10代では逆に約15%、20代では約12%、30代でも約16%に過ぎません。

     全日空のガラケー用サイトは、NTTドコモが1999年にiモードのサービスを開始するのと同時に開設されました。国内線の予約、発着案内、座席照会から始まってクレジットカードを使ったチケットの決済にも対応しましたが、19年4ヶ月でサービスを終了することになりました。

     ネット予約を利用するのは圧倒的に若い世代で、実際のシェア以上に利用者が減っているようです、今後も減り続けるのが確実ですから、こう言う決断になるのも当然でしょう。

     

    JUGEMテーマ:インターネット

    社会・経済 | permalink | - | - | - |

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | - |